本文へスキップ

アクセスreport/練習報告

2018年

◀BACK  11月13日  NEXT▶

5年以上の長距離グループ
11/13(火)5年以上の長距離グループ25人の練習レポートです。

17:45~19:15河北町民体育館

①jog5分+ミーティング
②ストレッチ
③肩甲骨ドリル+股関節ドリル
④動き作り+ダッシュ
⑤ペース走7~10周(1周180m)〈7グループに分かれて〉✕2セット

*Aグループ→設定45秒/周✕10周+43✕10

*Bグループ→設定48秒/周✕9周+46✕9

*Cグループ→設定51秒/周✕8周+49✕8

*Dグループ→設定54秒/周✕7周+52✕7

⑥jog5分+ストレッチ+ミーティング

今日も実戦練習です。県長距離記録会(11/24)めざしての実戦練習です。

7グループに分かれてのペース走です。前回の練習を踏まえて、今日のタイム設定をしましたが、どのグループもしっかりとこなしていました。

このペースをいかにするかがポイントになります。速すぎてもだめだし、遅すぎてもだめ。

峯田晴叶君(谷地中部小5年)は、Cグループで1セット目をやりましたが、もう少し速いペースにも行けますと申し出があり、2セット目はBグループへ合流。

一番自分に合うグループを見つけてあげることも、コーチの大事な務めかもしれません。

今回も、『ノルマが終わっても余裕がある人は、プラス1〜2周フリーで行ってもいいよ。もちろん、行かなくてもいいぞ。』と伝えていましたが、かなりの人が、プラスアルファにチャレンジしていました。みんなのやる気、すごいです。

このペース走をしっかりとこなせるようになれば、そして積み上げていければ、みんな強く、速くなれます。(金子)

3年生男女、4年生女子グループ
11/13(火)河北町民体育館 3年生男女、4年生女子グループ…17人
○長縄跳び
○ストレッチ
○手押し車ジャンケン 10回戦・手押し車20歩
○リレー
1チーム…6人
①6周勝負
②7周勝負
③7周勝負
○ジャベリックボール投げ
○ひょうたん鬼

リレーは僕が男子チームに入ったんですが、女子2チームの総合力に男子チームは3回とも敗れました。
男子チームは3戦3位でしたー。
3年生男子、次は1つでも上を狙いましょう!
リレーくらい笑いなしで走りましょう。
僕1人でメンバー5人分のリードはとれないですよー。
女子チームは4年生を中心に走順に工夫が見られました。
手押し車ではリクト君とペアを組みました。
リクト君は僕の手押し車の回で僕の足を両脇で支えられませんでした。
腕で相手の足を支える力も走る動きでは腕振りに必要ですよ。
手押し車の姿勢もまだお尻が沈んでまっすぐ支えられていないです。
これがまっすぐに姿勢を作れるようになったら走りもとても速くなってるでしょう。
楽しみながら、頑張る時は頑張っていきましょう。

小4年生男子グループ
11月13日(火)小4年生男子12名のグループ。河北町民体育館、17:45~。

全体で
①ウォーミングアップ(ジョグ)
グループで
②リングドリル.1(リング一個連続ジャンプ)
③リングドリル.2(グーパージャンプ)
④往復ダッシュ/ターン&ゴー!
⑤パシュートリレー
⑥補強(腕立てジャンケン、体幹トレ)
⑦クールダウン(整理体操)

アップを兼ねて、リング一個を使った連続ジャンプのドリルを行いました。両足で前後、左右、そして1周と続けます。ルールとして、必ずリングの中に戻ること、踏みつけや蹴飛ばしをしないこととしました。意識するのは、棒人間になること。スピードに追われてしまうと下半身だけの移動になり、頭が残ってしまいます。体の上下動を前後左右に展開するには、真っ直ぐな棒人間になることです。もちろんバランスやタイミングも大事なのですが、軸をしっかり持っている者はジャンプが綺麗!。意識一つで変わるかもしれませんよ。走力トレーニング、もう少し走りたいところでした。次も行ってみよう!。小林

1・2年生グループ
11月13日(火) 1・2年生グループ15人の練習レポートです。
河北町民体育館 17:45〜19:15

①全体でjog
②氷おに
③片足立ち・手押し相撲
④リレー
⑤腕立て伏せ・手叩き腕立て伏せ・ストレッチ
⑥ミーティング

ゲーム的なものの中での運動が多い低学年ですが、毎回勝つにはどうしたらいいか、ぜひ考えられるようになってくださいね。
体を動かしながら脳も動かせればどんなスポーツも上達度アップです。

今回、特に2年生たちの体のバランスがとても安定してきたと感じました。
片足で立ち続けてもほとんどフラつきません。
体の軸がしっかりしているのは、走るうえでもとても大事です。
苦手な人も続けてみよう。
何度も何度も繰り返す事が大切です。

最後の補強では、正しい腕立て伏せのやり方をみんなに教えました。
お家でもやっている人もいるようですが、すごいやる気ですね。
ちゃんとした姿勢でできていれば、効果大。
次もその次も、今の自分の記録を塗り替えていけるように頑張っていこう。(金子拓哉)