本文へスキップ

アクセスreport/練習報告

2018年

◀BACK  10月30日  NEXT▶

小1・2年生男子グループ
10月30日(火)小1・2年生男子8名のグループです。河北町民体育館、17:45~。

全体で
①ウォーミングアップ(ジョグ)
グループで
②引っ張り相撲(1対1、3人、5人、全員)
③グーパーリングドリル
④タッチ&リターン
⑤補強(腹筋、アメンボタッチ)
⑥クールダウン(整理体操)

低学年グループ、私は初めていっしょになるメンバーも。さて、どんな動きを見せてくれるのか?。引っ張り相撲でパワー&バランス。力まかせだけでは勝てない。相手を崩す技術と自らのバランス感覚が必要です。みんな「しなっこい」。かなわない(私が勇み足だから…)。体が出来ていますね。びっくりです。整列もしっかりしてくれるので二度びっくりです。折り返し走るタッチ&リターンもまだまだ走り足りないようでした。たっぷりの伸びしろを感じます。頑張って行きましょう。小林

高学年長距離グループ
火曜日 高学年長距離グループ

昨日は20人といつもより多いメンバーでの練習となりました。

なので、最初に4人5チームにグループ分けをして、色々な動きからのダッシュをリレー形式で行いました。

本練習は、2階ギャラリーを使い途中で帰らなければいけない子もいたので、6人3チームに分け合計10周をリレー形式で走って貰いました。

参加するたびに関心しますが、高学年と言う事もあるのか、自分たちで話し合い、行動し、集中していない子がいればお互いに注意しあう。
とてもいい環境で練習出来たと思います。

最後のミーティングでも話しましたが、今日やった動きは皆さんのフォームに活きて来るハズなので、一日の終わりにでもいいので思い出してどんな風に活きて来るのか、考えて見て下さい。

そういう事が、今すぐじゃなくても、いつか必ずプラスになるハズです。

いいフォームといいリズムを身に付ければ今より楽に速く長く走れるようになります。

今回、練習風景の写真を撮り忘れてしまいました🙇
次回からは、忘れず添付しますのでご了承下さい。

3.4年グループ
10/30(火)3.4年グループ23人の練習レポートです。

河北町民体育館
17:45~19:15

①全体でjog+競歩ドリル+jog
②ミーティング
③膝タッチ+足首タッチ+ストレッチ
④身体の軸を作ろう
*白樺のポーズ作り
*人間ドリブル
*白樺のポーズ崩し
*片足静止バランス
*振り子バランス
*バックキック
*トンボバランス
*Tバランス
⑤馬跳び+回転ダッシュチャンピオン決定戦
⑥後出しジャンケン+手たたき腕立て伏せ+手押し車ドリル
⑦ミーティング

今日のギャングエイジコースのメインは、基礎基本の軸を作るトレーニング+回転ダッシュです。

白樺のポーズをいつも意識できるようになってくると、フォームが大きく変わって来ます。

秋から冬にかけて練習を週に2.3回頑張ってやって、春に、100mのタイムが17秒台から、何と15秒台になった4年生のみんなの先輩(春は5年生)が、過去クラブにいました。2秒近くもの伸びでした。

みんなも、基礎基本を大切に頑張ろうね。大変身できるかもしれません。

アリーナを出てからは、手押し車ドリルで、上体を鍛えました。

手たたき腕立て伏せ10回連続にみんなチャレンジしてもらったら、琥太朗君(西里小3年)の6回が最高でした。琥太朗君以外はほとんどしっかりとできません。高い音が出ません。

みんなは上体がかなり弱いので、お母さん達と毎日腕相撲を頑張ってください。

『お母さんなんかには勝てるよ!』という人がたくさんいました。

お母さん、全力でやって、3.4年生の鼻をへし折って下さいね。そして、毎日、少しの時間でいいですから、腕相撲に付き合って鍛えてあげて下さい。走るのが速くなります。(金子)

1・2年生グループ
10月30日(火) 1・2年生グループ10人の練習レポートです。
河北町民体育館 17:45〜19:15

①全体でjog・競歩ドリル
②リング川渡り
③タグ取り
④馬跳び
⑤手叩き腕立て伏せ・ブリッジ
⑥ストレッチ・ミーティング

全体jogでは、じゅんた君のやる気に驚きました。
今日はコーチについていくと宣言した後、実際に遅れず歩かずに走りきっています。
普段の何気ない練習の一つからこれくらい気合いを入れられる人は、必ず速くなれる。

タグ取りでは1位になれた人はそら君とゆいほちゃんだけでしたが、何がそんなに強いのか。
ぜひみんな自身でも考えてみてください。
少なくとも足が速いだけで勝てるものではありません。

最後の補強練習でブリッジをやりましたが、ひでとし君のウォーキングが凄いです。
動画にも撮りましたがここまで自由に歩ける人はそういません。
みんなも体を強くしていって、走りに繋げていこう。(金子拓哉)