本文へスキップ

アクセスreport/練習報告

2018年

◀BACK  10月27日  NEXT▶

高学年グループ
10/27(土)高学年グループ12人のレポート。(担当:松田)
ふるさと公園近くの高速の下 6:30~8:00
①全体アップ
②ハードルドリル
※ミニハードルで片足ジャンプと両足ジャンプを。少し高めのハードルでジャンプをしました。リズムよくダイナミックにを意識しました。
③ラダーじゃんけん手押し車バージョン
※手押し車で進みラダーの途中で出会った時にじゃんけんです。きついと思うけど、みんなとても楽しそうにしてたのは意外でした。
④リング
※ここでもジャンプ系です。リングの色に応じて片足だったり両足だったり、色んな色のリングをバラバラに置いたり、横にずらしたり、様々なシチュエーションで行いました。
⑤リレー
センター脇のアップダウンのある約200mのコースでリレーを1本しました。明日のETに向けて良い刺激になったかな!?

3・4年生男子グループ
10月27日(土) 3・4年生男子グループ7人の練習レポートです。
ふるさと公園隣の高速道路下 6:30〜8:00

①全体でストレッチ
②タグ取り
③ハードルドリル
④ラダーじゃんけん
⑤リング跳びドリル

雨が降ったため高速道路下での練習となりましたが、そんな中でもみんな活発に動けていたと思います。
ハードルやリングを跳ぶ時に大事にしてほしいリズム、特に勝真と航平のテンポが良かった。
体を動かすタイミングを意識しながら、走ることにも活かしていこう。

勝真は体を絞っていけばもっともっと飛躍できそうな雰囲気があります、頑張ってみてください。

悠生は走っている時も含め、見てて少し不安になるくらいフラフラしている。
しっかりご飯をたくさん食べて体を強くしていってほしいなと思います。

煌蓮と翔は1つ上の学年と混ざってやるのは中々大変だと思うが、難しい事へのチャレンジ精神を忘れずにいこう。

航平と柊一はどの練習に対しても真面目で熱心でしたが、その姿勢が素晴らしいと思います。
柊一はもう少し覇気が出てくるとなお良しです。

悠雅は落ち着いて集中している時の力はとても良いものがある。
後はそれを持続させることです。

いつもと違う条件でも様々な練習を意欲的にやっていくのはとても大事なことですが、それが今日は全員できていたような気がします。
この気持ちのまま寒さも乗り越えていきましょう。(金子拓哉)

1、2年生男子グループ
10/27(土)1、2年生男子グループ…6人
○ラダートレーニング
○リングトレーニング
○ジャベリックボール投げトレーニング
○フレキシブルハードルトレーニング
○ストレッチ

1、2年生グループでたくさん走って、跳んで、投げました。
ジャベリックボール投げでは的当てをして、ハルキくんが5点のカゴに見事インしました。
よくルールと的までの距離を把握して狙っているのがわかる投擲でした。
他のメンバーも楽しみながら取り組んでくれてたら嬉しいです。
ラダートレーニングはみんなほぼ動きを把握していました。
日頃の上級生の動きをみたり、聞いたりして身についているんだなー。と思いました。
また頑張りましょう。

1.2.3年女子グループ
10/27(土)1.2.3年女子グループ8人の練習レポートです。昨日は、2本のかけっこ教室と県高校駅伝があったりして遅れました。

最上川ふるさと公園芝生広場→ふるさと公園隣の高速道路下6:30~8:00

①全体でラダーじゃんけんやヒューロケットドリル+ストレッチ
②ミーティング
③ヒューロケット記録会
1年→そら5mふうり6mゆう4m
2年→ここ4m
3年→めい11mあゆ8mねね13mあいな9m
④ラダーじゃんけんドリル
*ポイントはつま先着地と集中力
⑤リング跳びドリル
⑥ハードルドリル
⑦ミーティング

暖かい朝となりましたが、小雨が降っています。

にもかかわらず、朝早くから、次々に集まって来ました。りおさんとあすかさんは、6時15分に来て、いろいろな用具の準備に手伝ってくれました。いつもありがとう。

早く来た人からラダーじゃんけん、ヒューロケットドリルです。総勢33人。朝早く雨なのに、みんなのやる気、素晴らしいですね。来春、ぐんと伸びる気配がします。

橋の下で少し狭いですが、練習は充分にできます。逆に走れないからこそ、たくさんの分野のトレーニングができます。陸上競技の練習は走ることだけではないのです。

4グループに分かれて、4つの広場をローテーションしました。今回の指導者はジャンケンでグループを決めました。子ども達はどのコーチになるのか、興味津々。

結果、私は1〜3年女子グループに。みんな、とても前向きに練習していました。

良かったところ①、1.2年生は3年生のように上手にできなくても、最後まで頑張っていました。

良かったところ②、ラダージャンケンで、負けた時に『負けたあ!』と大きな声を出している人が多かった。声をしっかり出せる人は大きく伸びる可能性があります。

60分ローテーションでは足りないくらいでした。

いろいろなことをやって気付いたこと。
□さまざまな動きの片足ジャンプドリルは、低学年にとっては大変難しいということ。だからこそ筋力アップと動き作りに有効。

□女子は男子に比べて投げる力が弱いのは何故か? 機会が少ないのではないか?
週に3.4回投げる機会を入れれば、男子に近くなるのではないか?
低学年女子のみんな、たくさん投げるので、練習にたくさん参加してね。4.5年生の時に、全国平均を大きく上回ろう。

たくさんのことを子ども達から学びました。(金子)