本文へスキップ

アクセスreport/練習報告

2018年

◀BACK  10月23日  NEXT▶

1.2年グループ
10/23(火)1.2年グループ18人の練習レポートです。

河北町民体育館
17:45~19:15

①全体でjog+競歩ドリル
②ミーティング
③真似っこランニング
④身体の軸を作ろう
*片足静止バランス
*振り子バランス
*バックキック
*トンボバランス
*Tバランス
⑤ヒューロケットで遠くに投げよう
⑥ケンケンすもう
⑦折り返しリレー
⑧リアクショニングドリル+後出しジャンケン+手押し車ドリル
⑨ミーティング

久しぶりの低学年コースを担当しました。低学年は元気ですね。エネルギーがあります。その分、こちらもエネルギーが必要です。

低学年とは、たくさんの運動経験を体験させて、走るってとっても楽しい🎶と思わせたい。

そうして、正しい身体の使い方を身に付けさせ、フォーム作りをして行き、いくら走っても疲れない身体作りをめざしたいと願いながらやっています。

クラブの高学年になると、ぐんと伸びる人が多いのは、練習に向かう姿勢が高まってくるのはもちろんですが、低学年や中学年の基礎基本の練習が基盤になっていると、私は確信しています。

かけっこ遊びを存分に楽しむことを、低学年のうちに子ども達にたっぷりと味わってもらいたいのです。

今日は、二人(ヒデトシ君とリョウト君)が体験参加してくれました。どうでしたか。ぜひまた来て下さいね。

アリーナを出てからは、手押し車ドリルで、上体を鍛えました。

まっすぐな軸でできるようになったら、もっと速く走れます。みんな、また頑張って行きましょう。(金子)

5,6年男子グループ
10/23(火)5,6年男子グループ14人のレポート。(担当:松田)
河北町民体育館 17:45~19:15
①全体アップ
※競歩ドリル、jog
②三目並べ
※3~4人チームでの対戦。10mほど前にあるリングで作った9つのマスの中に、先に3つカラーコーンを並べた方が勝ちというゲームです。一人1個カラーコーンを置いたり動かせて、リレー的な感じで行います。初めてやった子も多かったけど、すぐにみんな楽しんでくれてました。ダッシュでspeed勝負だったり駆け引きしたりと、やればやるほど、みんな良い味出していました。チーム順位に応じてバービーの罰ゲームをしました。
③Sケン
※誰もが知ってるSケンです。負けチームは手押し車をしました。
④体幹トレーニング
※4種類行いました。ハルキとリョウメイがずば抜けて体幹が強い!逆にみんなは弱すぎる印象でした。家でもやってみてくださいね。

今日は先週末がレースだったこともあり、完全にランオフで行いました。明日からまた気持ちを切り替えて頑張っていきましょー。

小4・5年生女子
10月23日(火)、小4・5年生女子11名のグループです。河北町民体育館、17:45~。

全体で
①競歩ドリル
グループで
②ウォーミングアップ(ジョグ)
③スキップドリル
④もも上げドリル
⑤サイドステップ・ミラードリル
⑥連続パス&キャッチ(ソフトバレーボール)
⑦カラーコーン争奪戦
⑧クールダウン(ストレッチ、補強)

今日はリフレッシュトレーニングです。バラエティ系のメニューですが、走る、止まる、投げる、受ける等、瞬発力を活かして、ちょっと笑いもありつつの内容です。
ボールを使った連続パス&キャッチ、最初は3対3(ルールはパスをしたら後ろに並ぶ)。落球したらカウントが0になるので、素早く慎重に。次は3人で。パスしたら対面に走ってパスをもらう。ひたすら回り続けました。想定外はボールがエア抜けする事。しかも準備した2つとも…。でも、しぼんでグネグネ変化するボールを上手にキャッチしていました。反応して動ける力、スゴいですね。頭の中で物凄い計算をして、体に命令するわけです。

3・4年生男子+3年生女子グループ
10月23日(火) 3・4年生男子+3年生女子グループの練習レポートです。
河北町民体育館 17:45〜19:15

①全体でjog・競歩ドリル
②ウォーミングアップ
③体幹強化
④Sケン
⑤リレー
⑥クールダウン
⑦ミーティング

大会等も終わり、レクリエーションを混ぜながらの練習でした。

Sケンでは、積極的な人と消極的な人の差が目立ちます。
強いチームはやはり積極的な人が多く、全員で相手の陣地に攻めていたりしていました。
特に4年生の男子は攻めることに集中する人が多く、3年生は陣地でボールを守るだけの人が多い。
自分より体が大きな人にも向かって行く力、どんなスポーツにも大切なものですが、それができる人はこれからどれくらい出てきてくれるかな。

ミーティングにてスポーツでも頭の良さは大事だと教えると、意外な顔をしている人が何人かいました。
考える力も養いながら、ぜひ前に出れる選手になっていってください。(金子拓哉)