本文へスキップ

アクセスreport/練習報告

2018年

◀BACK  10月13日  NEXT▶

1・2年生ちびっこマラソン出場グループ
10月13日(土) 1・2年生ちびっこマラソン出場グループ11人の練習レポートです。
最上川ふるさと公園 6:30〜8:00

①全体でラダーじゃんけん・ジャベボール
②ミーティング
③jog
④ストレッチ・動的ストレッチ・股関節ドリル
⑤1500m走
⑥跳び箱跳び・手押し車
⑦ミーティング

ヤマザワちびっこマラソンに出場する1・2年生11人での練習です。

ストレッチからちゃんとやれていた人、どれくらいいたかな。
毎回手を抜かずにきっちりやっているなりと君の体は、押しても全く抵抗がなく柔らかいです。
これも速く走るための練習の一つだという事を理解していきましょう。

来週の土曜日に迫ったヤマザワちびっこマラソンに向けて、今回も1500mを走りました。
今日はりく君が6分38秒、らいと君が6分40秒と初めての6分台が2人出ました。
らいと君は前回から33秒の短縮です。
女子では堀にこちゃんが7分36秒、ゆいほちゃんが7分38秒でゆいほちゃんは前回より35秒短縮。
かなのちゃんは体調不良ということで休む予定でしたが、ラスト1周は自ら行くと言ってしっかり走りました。
少し抑え気味だったなりと君は、本番では最初からガンガン行く気持ちで走ってほしい。
他の人もそうですが、入賞を目指すなら何がなんでもトップグループについて行こう。

1年生のけいすけ君、はるき君、まさと君、じゅんた君、はると君もとても頑張っていました。
僕と先頭の子はいつもより速いペースでしたが、途中で諦める人もおらず全員走りきりました。

それでも走り終わった後、悔しくて涙を流してしまった人がいましたが、練習でも本気でやっているという証拠だと思います。
その悔しさをどうやったら晴らせるか、ぜひ日々の練習で見つけていってくださいね。(金子拓)

4〜6年生短距離グループ
10/13(土)最上川ふるさと公園 4〜6年生短距離グループ…7人
・花咲公園クロスカントリー
・アスレチック器具でトレーニング
・リレー
・ラダーじゃんけん
メンバーみんなアップダウンのあるコースで頑張りました。
短い距離でものぼりくだりの走りの変化や2巡、3巡していくとだいぶ体にも負荷がかかり、"走った感"を味わえますね。
女子チームが男子チームより先着する回もあったりと見ていて楽しいレースを展開してくれました。
またやりましょう。
朝晩の気温が低い季節になりました。体調管理には十分注意してください。

1、2年生・大会出ないグループ
10月13日(土)
1、2年生・大会出ないグループ
9名

・ラダートレーニング
・ストレッチ
・タグ取り競争
・ボール集めゲーム3名×3チーム

タグ取り、ボール集めなど元気の良い低学年です。
タグ取りでは、毎回チャンピオンが変わる目まぐるしさ。
逃げてばかりで、タグを取りに行かないとチャンピオンにはなれません。
単純ですが、逃げながら取りに行く!走り回り体力も相当使います。

ボール集め、4個集めてゴール🏁
初めての人が多かったので、練習しながら。
見方にボールを投げてパスが難しい様でしたので、ボールパスの練習を次回入れたいですね。

3年以上ヤマザワちびっこマラソン組+5.6年*中学生長距離希望グループ
10/13(土)3年以上ヤマザワちびっこマラソン組+5.6年*中学生長距離希望グループ39人の練習レポートです。

最上川ふるさと公園芝生広場
6:30~8:00

①全体でラダーじゃんけん、ヒューロケット
②ミーティング
③芝生周回コース試走jog500m(止まりながら、コースを確認しながら)+ストレッチ
④競歩ドリル+動的ストレッチ
⑤500m芝生走✕4本ハンディキャップ走(3.4年+5.6年一部は300m)
⑥ラダーじゃんけん+ストレッチ
⑦ミーティング


今朝は冷えました。6時現在8℃。にもかかわらず、朝早くから、次々に集まって来ます。

早く来た人からラダーじゃんけん、ヒューロケットドリルです。総勢70人以上。朝早く寒いのに、みんなのやる気、素晴らしいですね。

さて、今日の長距離グループのメインは、ヤマザワちびっこマラソン大会(10/20)に出る人と各校持久走大会(柴橋小、谷地南部小、寒河江南部小)、そして各種大会に向けてのスピード持久力養成です。

芝生走500m4本はかなりきついですが、誰も歩くことなく、頑張りました。ハンディキャップ走なので、抜きつ抜かれつ、バトルがあちこちで見られました。

低学年も同じコースを頑張って走っていました。グループの子ども達から、口々に、
『がんばれ!』
という声援が、たくさん飛び交いました。とてもいい風景で、お父さんやお母さんに見せたかったくらいです。

この芝生周回コースは、距離を正確に測り、ちょうど500mあります。ところどころに、少し起伏があり、筋肉を自然に鍛えてくれます。何より芝生ですから、身体に、脚に、膝に、腰に大変優しい環境です。

私は、県内一だと、いや全国でも有数の素晴らしい環境だと、自負しています。

ここでは、いくら全力で走っても、ほとんど身体にダメージが残らないのです。56歳の私が全力で走っても、筋肉痛にならないのです。舗装道路で同じメニューで走ったら、こうはなりません。

怪我をさせない練習をして選手を強くするということも、我々指導者の大きなテーマの一つです。

いい汗をかいたあとは、ラダーじゃんけん。3人グループずつによるチーム対抗戦。チャンピオンチーム以外は、バービー10回!

かなり盛り上がりました。ねねちゃん(大郷小3年)、強かったなあ。(金子)